意見が言える、意見が見えるニュースメディア TESLAB NEWS

  • RSS
  • twitter
  • facebook
  • 新規登録
  • LOGIN

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
テスラボにログインできます。

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
テスラボに新規登録ができます。

REVIEW & NEWS ~みんなの意見公開中~

BACK

NEXT

2015年05月20日 17時30分

【2015プロ野球通信Vol.7】 調子に乗り過ぎると痛い目に遭う!

hatena0

0

REVIEW & NEWS

ベイスターズの7カード連続勝ち越しをご存知でしたか?

単位:%

ホークスが首位に立ったのはご存知でしたか?

カープのイベント企画。どう映りましたか?

賛成
企画は悪くないがやり方は考えるべき
反対

0 25 50 75 100 %

最近のプロ野球で印象深かったことを教えて下さい

ベイスターズ・中畑監督通算200勝 スワローズ9連敗 タイガース西岡・1000試合出場 ジャイアンツ・阿部&坂本が一軍復帰 タイガース・マートンがホームで体当たり
ジャイアンツ・高木京が連続無敗記録 ホークススタンリッジ・1球で打者・捕手・主審に3死球? バファローズ・カラバイヨがバットを折りながらスタンドイン ファイターズ有原・プロ初登板で初勝利 マリーンズ・カンパイガールズ誕生

3・4月の月間MVPを受賞した選手で、ご存知の選手を教えて下さい

単位:%

ファイターズ・大谷翔平

ライオンズ・秋山翔吾

ジャイアンツ・高木勇人

ベイスターズ・梶谷隆幸

NEWS

【2015プロ野球通信Vol.7】 調子に乗り過ぎると痛い目に遭う!

まだまだ勢いの止まらないあのチーム…でもまだまだこんなところで浮かれてはいられません。それがプロ野球です!

【セ・リーグ】 ※()内は5/17現在の勝-敗-分/最近10日間の勝-敗-分
1.横浜DeNAベイスターズ(26-16/6-2)
2.読売ジャイアンツ(23-19/5-4)
3.中日ドラゴンズ(21-22/4-3)
4.阪神タイガース(18-22/3-5)
4.広島カープ(18-22/5-4)
3.ヤクルトスワローズ(18-23/1-6)

■球団の商魂とファンの思いは別物

週末のカープ-ベイスターズ戦。ここで行われたファン企画が発表当初から物議を醸していました。本来ならビジター席にホームチームのファンが入ることはありません。特に指定されている場合ならなおのこと。
しかし、5/16にマツダスタジアムで行われたゲームは、球団の企画でビジター席の7割方(約1300人)をホームであるカープファンに開放。これは東京発の新幹線で地元以外のカープファンを招く貸し切り片道新幹線『常車魂~RED RIDING~』イベントに伴う特別処置によるもの。

筆者も所属するベイスターズファンのコミュニティでは皆様かなりの憤りぶり。目にもの見せてくれようと、当日広島に乗り込んだベイファンもかなりいました。この日の結果はハマの宇宙人こと井納が、監督の「お前に任せた。打たれても晒し者にするだけ」という檄に応え140球の粘投での完投勝利。このイベントに思いっきり水を刺す結果をもたらしました。

ところが、この試合。不満を抱えていたのはベイファンだけではなくご当地のカープファンも。見ていて恥ずかしかったという声があちこちから殺到。正直このイベントはやり過ぎ感があったということです。カープの球団関係者が少し調子に乗りすぎ?

もちろんファンはわかっています。今回のイベントはファンの意図から発展したものではないということを。試合後にはベイスターズとカープのファン同士で健闘を称える光景もありました。

【パ・リーグ】※()内は5/17現在の勝-敗-分/最近10日間の勝-敗-分
1.福岡ソフトバンクホークス(21-15-3/4-2-1)
2.埼玉西武ライオンズ(22-16-2/3-5-1)
3.北海道日本ハムファイターズ(23-17/4-5)
4.東北楽天ゴールデンイーグルス(17-20-2/4-3)
5.千葉ロッテマリーンズ(17-21/3-3)
6.オリックスバファローズ(15-26-1/4-4)

■とうとう首位に!ホークスのちょっとした変化。
イ・デホの調子が半端無くいいことも影響し、とうとうライオンズとファイターズを抑え首位に立ったホークス。5/16にはギーターこと柳田が1試合6打点の爆発。満塁HRにタイムリーツーベース。まぁこれだけ見た場合には、柳田だしそれぐらいのことはやってもおかしくないと。ただ、このHR・ツーベースともに引っ張った打球ではなく、レフトへの流し打ち(柳田は左打者)。左打者でレフトへ持っていけるパワーはやはり魅力的なものですね。

この時期に首位にたったところで、全く浮かれる素振りすら見せないのが工藤新監督。日本シリーズ14回出場。日本一を11回経験した優勝請負人は、勝負のタイミングをずっと先に見据えています。

さて、秋山野球を踏襲すると言っていた工藤野球ですが、実は大きな違いが現れ始めています。それが犠打。いわゆる送りバントです。今宮が昨年、一昨年とシーズン犠牲バントのリーグ記録(62個)を達成していますが、2014年はチーム全体で146個。1試合に約1回は送りバントをしている計算になります。ところが今年は39試合でまだ27個。送るよりも打っていく。そんな攻めの野球が垣間見えているわけです。ただ、森野球を知る工藤監督ですから、ここ一番の勝負の時にはしっかりと犠打を多用してくることでしょう。

☆投手陣も見逃してはいけないベイスターズ
7カード連続勝ち越しやら優勝以来の貯金10とか新聞紙面が大騒ぎになっているベイスターズ。確かに強さやしぶとさは感じていますが、本当の試練はここからです。ペナントレースはそんなに甘くはないです。ついこの前まで首位にいたスワローズが今は最下位。投打のバランスが崩れればあっという間に泥沼です。

そんなベイスターズを支える投手陣。特に後ろを任されている、山﨑、田中の二人の存在は大きいです。新人連続セーブ記録を塗り替えたドラフト1位のスマイル王子(?)こと山﨑。彼の投げるツーシームは少し握りが変わっているのですが、とにかくよく落ちます。もしかしたら大魔神のフォークよりも…

その守護神山﨑につなぐセットアッパーは田中健二朗。ホールドポイントは現在1位。球速は140km/hそこそこですが、打者の手元で伸びる、いわゆるキレのあるボールが投げられるセットアッパーです。2007年のドラフト1位。当時は高校と大学・社会人のドラフトがわかれていました。他球団の同期には、ファイターズ・中田翔、スワローズ・佐藤由、マリーンズ・唐川、ホークス・岩嵜、カープ・丸などそうそうたるメンバーが。

同期の中でなかなか期待に応えられる結果を残せなかった田中。しかし、投球時の体重移動の仕方を変えることなどで、安定感が増しました。今年の2月には47歳の若さで母親を亡くすという辛い出来事も。彼のグローブの内側には「ありがとうお母さん」の刺繍が縫い込まれています…

若き二人の投手。彼らの安定が先発陣の頑張りを引き出しています。この姿、やはり98年のあの時と重なってしまうのですが…まだまだ慌ててはいけませんね。

「I ☆ YOKOHAMA」

【今週のスケジュール】
5/19~5/21 ヤ-De 中-広 神-巨 楽-日 西-ロ ソ-オ
5/22~5/24 De-神 中-巨 広-ヤ 日-ソ 西-楽 オ-ロ
※楽-日は2連戦

日本野球機構オフィシャルサイト
http://www.npb.or.jp/?rt=pr

(文/山口寛之)
 ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き
ブログ  http://ameblo.jp/yokohama-liner/?rt=pr

 

hatena0

0

Advertising

SPONSORED

Advertising

REVIEW & NEWS