意見が言える、意見が見えるニュースメディア TESLAB NEWS

  • RSS
  • twitter
  • facebook
  • 新規登録
  • LOGIN

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
テスラボにログインできます。

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
テスラボに新規登録ができます。

REVIEW & NEWS ~みんなの意見公開中~

BACK

NEXT

2014年11月27日 17時30分

ダグアウトの奥で響く監督、選手の声、一体何の話を!テレビでは絶対見れない密着取材!今年も放映!

hatena0

0

REVIEW & NEWS

「横浜DeNAベイスターズ」戦の観戦歴

単位:%

ドキュメンタリー映像「ダグアウトの向こう」の認知度

男性
女性

0 25 50 75 100 単位%

過去の「ダグアウトの向こう」の視聴歴

単位:人

そもそも作品を知りませんでした

作品を知ってはいたけれど見たことはないです

ネット配信で見ました

DVDで見ました

映画館で見ました

見たいスポーツドキュメント

単位:人

サッカー

フィギュアスケート

野球

カーレース

テニス

2015年、横浜DeNAベイスターズの順位予想

\横浜優勝/
2位
3位
4位
5位
/最下位\

0 100 200 300 400

このアンケート結果、どう思う?※会員は投票すると1tesゲット!

(`・∀・´)ノ納得!
!Σ(・Д・;)ビックリ!!
0
(。´・ω・)う~む?
0

リアルドキュメントならではの面白さでした!今年こそベイスターズはCSへ…!?

横浜DeNAベイスターズドキュメンタリー映画・「ダグアウトの向こう~今を生きるということ。」昨年ようやく全国展開になったばかりですので、まだまだ知られていないのは仕方ないことではあります。しかし、地元・横浜の映画館は初日大盛況でした。筆者は初日の2回目上映に馳せ参じたのですが、映画館は大混雑。ベイスターズ人気も半端ないな…と思ったのが大間違い。「寄生獣」と「進撃の巨人」が公開されていたので、それで溢れんばかりの人になっていたわけです(笑)

ただし、ダグアウトの向こうもチケットはソールドアウト。見事に満席でした。ちなみにこの日は、チケットが購入できなかった人達のために、急遽追加上演も行われました。舞台挨拶は中畑監督と“ゴメス”こと後藤内野手。最前列で「ぶっちゃけトーク」を拝見させていただきました。遠慮無く写真もバシバシ撮らせていただきました(写真撮影はOKでしたので)。レプリカユニフォームを持参している熱いファンの方も多かったのですが、ホエールズ時代の田代のユニフォームを着ていたのは筆者ぐらいのものでしょうか…^^;

映画の方は、本当によくできていたというか、包み隠さないドキュメントってやっぱりいいものだなと感じました。今までの構成とは少し異なり、数名の選手をクローズアップして追いかけていく形式だったのですが、なかなか裏側をここまで見せることは普通しないと思います。例えばデッドボールを受けた黒羽根捕手。デッドボール直後のベンチ裏での治療の様子がそのまま映しだされました(診断結果は骨折)。痛みに耐えながらも、入れ替わりで出場する高城捕手に詫びを入れ、さらにその日の試合の流れを助言するなど。チームで戦っている雰囲気がそのまま伝わってきました。途中から出場する選手の中でも、試合をコントロールするポジションの捕手が、精神的に一番負担がかかることをよく知る黒羽根だからこその助言だったのでしょう。

さて、アンケートでは、サッカーやフィギュアスケートのドキュメントを見たいという項目に票が集まりました。筆者はサッカーに疎いのですが、日本代表のドキュメントなんて作ったら見る人は大勢いることでしょう。ただ、取材制限が沢山かかりそうなので、ドキュメントとは呼べないかもしれませんが…

さて、今年のベイスターズの順位予想。最下位票が一番多いなんて…(;_;) でもこの時点ではグリエルの残留も決まっていなかったんですよね。もちろんグリエル一人でどうこうなるわけではないですが、残留が決まったのは大きな話です。CS争いができるだけの戦力は整ったと思います。後は監督が記した今シーズンのスローガン「導」の通りに行ってくれれば… \横浜優勝/


(文/山口寛之  ※ベイスターズとプロレスをこよなく愛してまーす!)

NEWS

今年もやります!魅せます!「ダグアウトの向こう-今を生きるということ」上映決定!

2012年、2013年と継続して行われてきた、横浜DeNAベイスターズ・公式ドキュメンタリー「ダグアウトの向こう」が本年も上映されることになりました。12/6、7には横浜ブルグ13にて監督・選手の舞台挨拶がありますが、特別先行予約のためほぼSOLD OUTとなっています。

この「ダグアウトの向こう」が一体どんなドキュメンタリー作品なのか?簡単にご説明します。テレビやスタジアムでは決して見ることのできない、キャンプの裏側、ベンチ内から見るグランドの風景、そして文字通りダグアウトの奥で響く、監督や選手の生き様を完全密着でそのまま撮り続けている、まさに戦う男たちの生の声が聴こえてくる作品なのです。華やかなプロ野球という舞台の裏側、そこには必死でもがく監督・コーチ・選手・フロント・スタッフの姿があるのです…

2012年にDVDとして発売。7000枚を売り上げたそうです。2013年にはDVD発売もさることながら、2012および2013の二作品を地元・横浜の「ブリリア ショートショート シアター」において特別一般ロードショーとして公開しました。筆者も2013はブリリアへ見に行かせていただきました。

そして2014年。今年は単館上映どころか全国ロードショーとなりました!
横浜、川崎、みなとみらい、新宿、福島、新潟、大阪、福岡、名古屋
の全国9箇所で上映決定です。
12/6が公開初日となりますが、劇場ごとにスケジュール・時間が異なる場合がありますので、詳細は公式サイトよりご確認ください。

なお、今回の上映にあたり、過去の作品をネット配信しています。ニコ生では12/1に「2013」を配信予定(2012は既に配信終了)、SHOWROOMでは「2012」が現在配信中、2013も追って配信の予定です。まずは過去の作品を見てみたいという方はぜひご活用ください。
(ニコ生) http://live.nicovideo.jp/watch/lv199283811 
(SHOWROOM) https://www.showroom-live.com/baystars

ベイスターズファンでなくても、野球が好きな人ならきっと見てみたくなる作品です。
ちなみに筆者は公開初日に行って参ります!


横浜DeNAベイスターズ公式サイト
http://www.baystars.co.jp/

(文/山口寛之)

hatena0

0

Advertising

SPONSORED

Advertising

REVIEW & NEWS